2015年3月5日木曜日

リフレーミングして見る

今回は毎年恒例「教育者モラロジー」の会からの学び。
講師のお一人である動物病院の先生のお話から紹介する。

「リフレーミング」という手法である。
読んで字の如く「Re」+「frame」。
枠組みを捉え直すという意味である。
つまり、欠点でなく、長所として捉え直し、相手に伝えるという手法である。
元々は「家族療法」(Family Therapy)というもので用いられる手法らしい。
(家族療法とは、家族を対象とした心理療法の総称である。)

以前、「角を矯(た)めて牛を殺す」
という諺について書いたことがある。
「少しの欠点を直そうとして、その手段が度を過ぎ、かえって物事全体をだめにしてしまう。」
という意味である。

元々の意味は、牛の角が少し曲がっているのを矯正しようとして、
無理に叩いたりひっぱたりして、弱らせて殺してしまうということから派生している。

そもそも、角が真っ直ぐであることが、そこまで大切かということである。
(欠点を見ないで長所を見るのが「美点凝視」であるが、これも大切な視点。)

ここで、冒頭の「リフレーミング」をする。
つまり、「角が曲がっている」ということを無視するのではなく、長所として捉える。
全ては意味づけなので、曲がっている良さを、主観的に意味づけすればいい訳である。

例えば「動作がのろい」は「ゆったり」「丁寧」などの要素につながる。
クラスの子どもの気になる点も、リフレーミングできないか考える。

またこれは別の場で学んだことだが、例えばまず自分の欠点と思われることを紙に書かせる。
みんなの前で読み上げるということを事前に知らせて書かせる。
それを、クラスのみんなで「リフレーミング」してどんどん発言していく、という実践もある。
ただし、これをやる場合、学級集団が前向きで仲の良い状態であることが前提である。

自己肯定感を高め、他者の良さを認めること。
この二つは両輪であり、その両方を高める良い手法であると思い、紹介してみた。

腹が立つ時には

最近、腹が立つということが減った。 なぜか。 自分自身の怒りを眺められることが増えたからである。 腹が立つ時を考えると、大抵が「痛い」ところを突かれた時である。 もう一つは、自分が否定された、妨害されたと感じた時である。 要は、ほぼ全てが、自己防衛本能の発動である。 ...

ブログ アーカイブ