2017年4月20日木曜日

「荒れるクラス荒れないクラス」

最近、ヤフーニュースでよく記事を取り上げられている。
割と反響があったのが次の記事。

「荒れるクラス荒れないクラス」鍵は保護者だった
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170409-00021825-president-life&p=1

毎度ご多分に漏れず、キャッチーで刺激的なタイトルになっているのはご容赦願いたい。
ネット記事の宿命である。
(ちなみに今回も私がつけたものではない。)

極論、クラスは、保護者で決まる。
保護者が温かい目で見守ってくれて、「先生の話をよく聞く」と教え諭してくれているからこそ、何とか成り立っている。
決して、我々教員個人の実力ではない。
(もしそこに自信がおありなら、どんな子どもたち相手でも一人で楽勝のはずである。)

いつもながら、大切なのは互いを尊重し、感謝する心である。
ありきたりなようで、これ以外にない。
必殺技を求める前に、ここが抜け落ちてないか、再確認が必要である。

一律の宿題は、いらない

宿題の話。 例えば夏休み、学校では、どれぐらいの宿題が出た(または出した)だろうか。 教師の側からすれば「山ほど出した」という人は少ないと思う。 なぜなら「山ほど」かどうかは、受け手が感じることだからである。 「子どもの負担を考えて、少なめにしました」という人でも、相当...

ブログ アーカイブ