2015年6月14日日曜日

連休前の宿題をどうするか

金曜日に宿題を出す。
土日がある分、宿題をやる時間がいつもよりはるかにたっぷりある。
(まして、ゴールデンウィークのような連休があれば尚更である。)
当然、休み明けは、宿題をきちんとやっている子どもが多い。

と、いうのは大間違い。
実際は、テストをやっても提出物を見ても、休み明けは最も出来が悪い。
「休みの日は時間があるからできる」というのは、一見もっともらしいが、真実ではない。
ここを当たり前に知っておく。
すると、子どもに対して妙に腹を立てたり、または自己嫌悪に陥ることが少なくなる。

では、いつできるのか。
毎日の決まった時間だけである。
ここは、習慣の力の発揮どころである。
だから、金曜日の夕方は勝負である。
夜には、その子どもの大好きなアニメが目白押しかもしれない。
だからこそ、そこは全力を出して、夕飯の前には必ず終わらせる。
こういうことは、知識として子どもに教えておいてあげる。

次の日は通常の登校日だと思ってやる。
土曜日や、まして連休明け前日の夜まで引き延ばすべきではない。
便秘と同じで、ずっと何となくすっきりしない感じで過ごすことになる。
休みの日は、やるべきことから離れて、心おきなく過ごさせたい。

教育における「おそれ」の必要性

前号で、教育の世界はポジティブ用語を好むという話を書いた。 ポジティブは必ずネガティブと裏表セットである。 教育において、恐怖という言葉は、忌み嫌われやすい。 しかし、安全・安心とルールを担保するために、恐怖は必要になる。 恐怖という言葉にどうしても抵抗があるなら、「こ...

ブログ アーカイブ