2014年7月29日火曜日

組織の成熟段階を見極める

先日の教師塾での原田隆史先生からの学びのシェア。
組織の成熟段階について。

学級、部活動、会社、あらゆるチームには、成熟段階があるという。
次のように、階段状のステップと考える。

    5勝負
   4強化
  3教育 
 2称賛
1帰属

1の「帰属」段階では、まずは統一されたものを持つ必要がある。
それがユニフォーム、ロゴ、合い言葉といったものである。

2の「称賛」段階では、褒めるを中心に、ラ・ポールを築く。

3の「教育」段階では、褒める+叱るで、リレーションの段階。

4の「強化」段階では、経験値を積ませる。

最後に5の「勝負」段階に持っていき、試合等の本番に臨む。
自分のチームがどの段階か見極められれば、手立てがうてるという。

部活で、チームが4「強化」の段階に入っているとする。
その時、調子に乗っているようなら、5「勝負」段階の強いチームと練習試合を組む。
格上の相手に完敗することで、謙虚さを取り戻せる。
逆に、自信を失っているようなら3「教育」段階のチームに当てて、自信を取り戻させる。
これを逆にやると、練習試合が逆効果になる。
(次号に続く)

「学級崩壊」の言葉を捨てる

素直さと学級崩壊との関連について。 学級崩壊の分岐点は、ここなのである。 子どもがひねくれてしまっているのである。 最初から聞く価値がないと各々が判断している訳であるから、当然授業も成り立たない。 素直でないので、何を言っても聞かない。 「だって」と「でも」で屁理屈...

ブログ アーカイブ