2021年8月4日水曜日

自発・自治は大変な方の戦略

 先月、他市から依頼された特別活動部会の講座では、「自発的・自治的を目指した活動」がテーマだった。


やり方ではなく、根本・本質・原点についての話をした。

ここについて、当日は話さなかった内容も加えて記す。


そもそも「自治的」というのは、戦略である。


戦略には、必ずそれに合致した戦術がある。

今までの他の戦略上では有益だったものが、全く使えない。

あるいは、マイナスにすらなる。


自治的学級づくりの方向での戦略というのは、基本的に短期で結果が出にくく、非能率である。

非能率であっても、なるべく指導者は手出し口出しを避け、相手が主体性を発揮することを待つ。

自ら動きだし、自分たちで自分たちのことを決めていくことを目指す。

自分たちで考えてやるのは、試行錯誤になるため、失敗も多い。

「主体的非能率戦略」である。


ここでとられる戦術は、すべて他者との比較を求めない。

単一の物差しで測るのではなく、あくまで個性の発揮である。

能力の異なるものが、それぞれの得意を提供しあって補完しあい、協力するというのが理想形となる。

メンバーの中の全員を生かすという発想になる。


また、自治を目指す場合、トラブルがあっても指導者が安易に介入することはしない。

自分たちの力で乗り越え解決できることを重視する。

指導者がするのは、そのための励ましや後方支援程度である。

(ただし、任せると大きな危険があると判断する場合は迷わず介入する。)


一斉指導というのは、どちらかといえば、受動的かつ能率的な戦略である。

現在の学校のように一クラスが多人数の場合、初期段階からしばらくは有用かつ必要な方法である。

しかし、それが育ってから自治的集団へのシフトの際は、それ以前の段階までの指導と真逆をいくことになる。

戦略的には最初から自治を目指しているのであっても、最初は一斉指導になるというのがややこしいところである。

(最初から少人数の個性重視でいけるのならば必要ないのだが、現在の制度上そうはできない。)


つまり、この自治的学級を目指す過程では

「楽しい授業」

「面白いことをしてくれる先生」

「丁寧できめ細やかな指導」

「子どもが素直でいうことをよく聞く」

がマイナスに働く可能性がある。


本来なら、かなり良いことのはずである。

教育書のタイトルにも並ぶような魅力的な文言たちである。


なぜなのか。


それをやるほど、子どもは受動的になり、依存的になるのである。

「次はどんな面白いことしてくれるんだろう」

と、わくわくして期待する。


これは裏を返せば、完全に受け身である。

素晴らしいサービスを期待している状態である。

高級旅館のおもてなしや、最高の料理、あるいは各種エンターテインメントを期待する姿である。

他に癒しや刺激を求める行為である。


一方で、自治というのは、お寺のような状態である。

朝は自分で起床し、掃除他のやるべきことをやり、自分たちで食事の支度も片付けも、一切をする。

自ら学び、気付くまでひたすら自己に問いかける。

「悟り」とはどういうことなのか、真理とは何なのか、和尚さんには教えてもらえない。


実際、ここまでストイックではないが、形としては近い。

何かを教えてもらうのではなく、自ら気付くのを待つのである。

何かを与えてもらうのではなく、自分のことを自分で行うのである。

「行」である。


「クラス会議をしていれば、自治的集団づくり」というのは大きな勘違い、というのがこの辺りにある。

クラス会議のみならず、全ての戦術において、自治を目指すものを選択する。

さっさと「正解」「公式」を教えてあげれば終わるものも、教えないし介入しない。


(「公式」と「自治」は相性が最悪である。

自治的になる公式は無い。

「公式」と相性がいいのは「官治」である。)


自治を戦略と決めて目指す場合、指導者側としても、軌道に乗るまでは、かなり忍耐の道である。

やろうと思うけど途中でくじける、というのが普通である。


だからこそ、やる価値はある。

今の学校教育がこのままで大丈夫、というのならば、変える必要はない。

しかし、今までの戦略をとり続けることでは、正直、明るい未来が全く見えない。


だとしたら、やはり自発的・自治的活動を求めていく時ではないか。

学級活動の全てにおいて自治を目指して行っている事例が、圧倒的に少ないのである。


どんなものにも、安易な方と大変な方がある。


背筋を曲げる方が安易で、腰骨を立てるのは大変である。

靴を脱ぎ散らかす方が安易で、脱いだ靴を揃える方が大変である。

ジャンクフードの方が安易で、きちんとした料理の方が大変である。


例年通りの方が安易で、改善の提案をする方が大変である。

相手の言うことに黙って従う方が安易で、正しいと思うことを意見する方が大変である。

すぐ結果が出て得する方法をとる方が安易で、今損をしてでも苦労して回り道をする方が大変である。


価値があるのは、いつも大変な方である。

長い目で見た時に、本当に楽になれるのも、大変な方である。


大変な方を選択していくことで、道が拓かれるように思う次第である。

2021年8月2日月曜日

期待値を下げる

 願いをもつことの大切さは古くから言われている。


しかしながら、ここに実は一つ落とし穴がある。

使い方次第で有用だし、使い方次第で害悪にもなりうる。


前号に書いた、期待の方向に加え、今回はその大きさについて。


二者間で考える。

全ての人間関係は、二者間の連続によるネットワーク構成となっているからである。

どれも紐解いていけば、二者間の関係になる。


互いの期待の方向が一致していること。

これが良い期待の関係というのは前号で書いた。

ここにずれが生じると不幸を生む。

この方向がずれている時点で、もう既にうまくいかない。

(例:期待している側だけが勝手に期待している状態、または逆の状態。)


もう一つが、質量といえばいいか、期待の大きさである。

期待値である。

方向が一致していても、それが過剰な場合である。


期待というのは、ある結果を待っている。

つまり、遂行能力を信じているわけである。


しかし、期待値に対する能力が足りていないということは十分にあり得る。

そうなると、期待しているほどの結果が出ないので、がっかりする。

場合によっては、お互いに悲しみだしたり怒りだしたりする。


例を挙げる。

テストの結果が出た。

90点だった。

自分はもともと100点をとれると思っていなかったので、いいだろうと思っている。

相手は、自分の100点のみを期待していた。


そのがっかり感が伝わる。

がっかりする、されるという残念な結果である。


自分自身との関係にもいえる。

もともと、100点をとれるほどの努力を実はしていない。

しかし、自分はがんばったし、100点をとれると信じ込んでいた。


こうなると、90点で落ち込む。

自分はだめなんだと自暴自棄な気分になる。

「あんなに一生懸命やったのに」と考えるという、残念な結果である。

本来は、能力通りの結果が正しく出ただけである。


要するに、期待値が実際よりも高いと、怒りや哀しみを生む原因になる。

逆に言えば、期待を一切手放すと、怒りや哀しみは生まれない。


例を挙げる。


朝、教室が騒がしい。

物が散乱し、けんかも起きている。


静かな状態を期待していると、とても残念な気持ちになる。

しかし何も期待していないと、フラットでそれを見られる。

「散らかっているな」「何かあったかな」

という感じである。


総じて、学級担任は子どもに期待しすぎになりがちである。

「自分ができていないことは、子どもにもできない」という前提が頭から抜け落ちている。


さらに厄介な事実がある。

自分自身ができていないと気にしていることほど、子どもができていないと気になる。


じゃあ自分ができないといけないのだ、と考えると、不幸の元である。


ここには、救いもある。

自分ができていなくても気にならないことだと、子どもができていなくても気にならない。


要は、捉え方が全てである。


今の期待値を下げる。

自分自身へも、相手へもである。


しかし、未来へは大きめの期待をしておく。

今はこうでも、1年後にはこうなるはず。

変わっているはずという希望をもつ。

それが、「今」の原動力につながる。

これこそが目標というものの在り方であり、目標活用の有用性はそこである。


最悪、1年後にがっかりする分にはいいと割り切って考える。

むしろ、その時に期待通りになっていなくても、意外にがっかりすることはない。

がっかりするとしたら、いつでも「今」に期待しすぎているからである。

1年後も、1年後になれば「今」なのである。


期待値を下げる。

ストレスを感じているなら、それは自分にも他人にも期待しすぎていないか。

見直してみるといいかもしれない。

2021年7月31日土曜日

その期待には合意があるか

 「願い」と「期待」について。


合意形成という言葉がある。

クラス会議でもよく使う言葉である。

様々な意見が出る中で、対話の中から、合意形成をねらう。


合意形成とは、様々な立場からの願いの、丁度いい「落としどころ」である。

合意形成されたものについては、概ねの納得があり、その決定の遂行や遵守が期待される。


ただし「概ね」というのが重要ポイントで、全員が完全に納得、というのが現実的には難しい。

何だかんだ、ある程度の面をがまんする人が出るという場合が多い。

集団の人数が多くなればなるほど、願いの方向が多方面になるので、そうなってくる。

たった35人程度でもかなり難しいものである。

(今回のオリンピック開催の諸々もそうである。

 たとえ合意形成を図っても、国民全員が納得という状況を作り出すのは不可能である。)


合意というのは、意志の一致であり、互いの願いを共有しているといえる状態である。

合意の上での互いの期待というのは、利害関係が一致しており、期待する、される両者にとって心地よい状態である。


自らの夢に向かってまっしぐらな少年少女と親やコーチという関係や、オリンピック選手団と応援団のような状態である。

「がんばって!」と応援する人と「がんばる!」と心から張り切っている人という、願いの一致した関係である。


もっとドライな例だと、免許交付における

「法律を破らずに安全な運転を期待します」

「ご期待通り、法律を守って減点なしで安全に走りたいです」

という関係も、一種の合意のある期待である。


入試や就職での面接の類も全てそれである。

採る側は期待していて、採られる側は進んで期待に添うつもりである。


一方、不幸を引き起こすのは「合意なき期待」である。


一方的な「皆さん、〇〇しましょう」を破った子どもに対して「約束したでしょ」「言ったでしょ」は、これに当たる。

子どもからすれば「約束なんてしてないし。言われたけど。」という感じで、不合理である。

期待した側が勝手に期待し、された側は全く応えたいと思っていない状態である。


また、仮に期待通りに相手が動いているからといって、相手が合意しているとは限らない。


例えば一生懸命勉強しているけど、それはそうしないと期待している親が怒るから、がっかりするからという場合もある。

大会には出場するけれど、失敗すれば責められるという恐怖で動いている場合もある。

心から期待に応えたいと思っている訳ではなく、危険回避や他人の機嫌を損ねないための動機である。

(ちなみに人間の本能的欲求は、この危険回避の方を最優先に機能する。)


この、合意なき期待は、哀しみか怒りのいずれか、あるいは両方の感情を引き起こす「時限爆弾的仕掛け」になる。


この合意なき期待は、逆の場合もある。

相手は期待していないのに、勝手に自分が「期待されている」と勘違いしている時である。


例えば、会社側は普通、新卒の新入社員に対し、完璧な仕事ぶりなど求めていない。

新人で初めてづくしなのだから、ミスも含みおきである。


しかし、ミスをする度、激しく落ち込む人もいる。

一方的に「こんなに期待されているのに!ミスするなんて!」と思い込んで、本人が勝手に不幸になっているだけである。

新入社員あるあるだが、自分で自分に勝手にプレッシャーをかけて潰れるというパターンである。


拙著『捨てる仕事術』の表紙のメッセージの人物もそれである。 

https://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-171335-5


新入社員に限らず、根が真面目すぎる人は、場合によっては泣いたり怒り出したりして、周りを非常に困惑させる。

「いや、そこまであなたに過剰な期待を誰もしていないのに・・・」という感じである。

完全自爆である。



また一方で、互いにあまり期待していないという場合もあるが、これはこれは問題が起きない。

長年連れ添った夫婦のような状態である。

互いに過剰な期待はなく、されているとも思っておらず、ほどほどの関係である。

付き合って1年未満のカップルのように「こんなことするなんて!」とか「もっと私を見て!」というような期待が互いにない。

大きな刺激もないかもしれないが、その分安定したものである。

(ただし、どちらが幸せと感じるかは主観による。)


要するに、互いの期待する、されるの方向が一致しているというのが大切なポイントである。


まとめると、両者の関係は次のようになる。(完全な私見による私案)


A:期待している&期待に応えたいと感じている=◎

B:期待している&期待に応えたいと感じていない=×

C:期待していない&期待に応えたいと感じている=△

D:特に期待していない&特に期待に応えたいと感じていない=〇


AとDは両方よくて、その差についても前述の通りである。


BとCは両方よろしくないが、その差については解説がいるかもしれない。


Cでは、自分が期待されていると勘違いしている側なら、それに気付けば済む話だからである。

完全自己解決できる。

問題は、その勘違いしている側が相手の場合である。

そんなことまで自分は期待していないのだからと、目を覚ますよう説得するのに苦労するかもしれない。


一方でBは、完全に期待している側次第である。

自分に対し、勝手に過剰な期待を寄せてくるので、やられる側はしんどい。

「何でできないの!」って、できないまたはやりたくないから、できないのである。

期待している側が諦めて自分の願いを手放すしか解決策はない。

(下手にがんばって期待に応えてしまうと、更に高い要求を出され、また大きく期待される。)


辿り着く先は、哀しみと怒りである。

場合によっては最悪、命に関わる恐ろしいことにもつながりかねない。

相手に過剰な期待を寄せすぎている場合は、相手と自分両方の心身への危険を考えるべきである。

(ちなみに子どもの不登校や自傷行為等には、ここへのSOSや復讐という面が潜んでいることがある。)


合意なき期待に要注意。

相手への期待は、お互い適度にしておきたい。

2021年7月29日木曜日

忠誠心を考える

夏休みということで、本の紹介。


最近、また小説を少しずつ読むようになってきた。

機会あって、次の本を読んだ。


『日の名残り』カズオイシグロ著 土屋政雄訳 ハヤカワepi書房

https://www.amazon.co.jp/dp/4151200037


イギリスのお屋敷で働く執事の物語である。

読もうと思う人もいるかもしれないので、ネタバレしない程度に感じたことを書く。


引っかかったのが、忠誠を誓うということは、本当に正しいのかということである。

妄信的に主人に従う執事。

一見、忠実でいい執事であるようだが、主人の過ちと思われる点を見つけても、指摘できない。

むしろ、それが正しいことであるかのように錯覚してしまう。

忠実であることが正しいという強い信念を持っているので、それ自体を疑わない。


これは、働き方の話につながる。

会社への忠誠心。

あった方がいい仕事をする。

しかし、それ故に、会社が明らかな過ちを犯しているのに、指摘できなくなる。

これはまずい。


更に、ルールに忠実であることが、人間味を失うことにもつながる。

判断基準に感情を入れないために、人間の心の機微を無視した言動になる。


これは意見が分かれるところだが

「親の死に目」という場面で、仕事を優先するかどうかという問題にも関わる。

ビジネスマンとしては仕事優先でいい。

しかし仕事が果たして自分の人生に寄り添ってくれるのかどうかである。


人がいい、ということに関しても考えるところがあった。

うまい人間に利用されていることに気付けないと、人がいいほど、好都合な対象になる。


教師として立つ時にも、ここは考えどころである。

気の利く子どもに負担をかけすぎていないか。

また、忠実を求めてしまっていないか。

正しさを押し付けてしまっていないか。

自問すべき点である。

2021年7月27日火曜日

学習意欲が高いとはいかなる状態か

 学習意欲の重要性と誤解について。


私自身、「どうすればやる気が出るか」についてはとても関心が高い。

実際、初の著書のタイトル通りである。


(参考:『やる気スイッチ押してみよう!元気で前向き、頑張るクラスづくり』

https://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-164614-1 )


教育心理学では「学習動機付け」という言葉もある。

やる気、意欲は、学校教育に限らず、学習と切り離せない関係である。


実際、学習指導要領の変遷においても、この学習意欲の地位は向上し続けてきている。

いかに子どもの学習意欲を高めるか、が関心事の中心になってきた。


実際、現場で指導していると、他人にやる気を出させるほど難しいことはない。


確かに、知識・技能面はある程度まで詰め込める。

本人の意思とは無関係に、やらざるを得ない環境に放り込めば、やる。

これはやる気を出しているのではなく、逆に諦めている状態である。

当然意欲面は低くなる一方である。


しかし、思考力・判断力となると、これは学習意欲を無視しては育たない。

なぜならば、これらは「なぜ」「何のために」「どのように」を考える部分である。

無思考に従って勉強させられている状態になるには、これらを捨て去る必要があるからである。

真に意欲的に学習している状態では「何のために」が内側からエネルギーを無限に供給し続けてくれる。


真に学習意欲が高い状態は、静かであり、落ち着いている。

当たり前のように淡々とこなす状態である。

もう誰のためでもなく自分のためにやるのだと決めており、動機付けをする必要もなく、勝手にどんどんやる。


動機付け、という言葉も誤解を生むのかもしれない。

やる気は、粘土の作品と同じで、外付けしてもすぐ落ちる。

内側から捻りだすものである。

しかも、本人が自分自身の手で捻りだすものである。


そう考えると、親や教師は子どもに何ができるのか。


一つは、見守ることである。

不安で声をかけたくなるが、やるとなれば本人が決めてやると、信じることである。


一方で、強制しないことである。

強い権限で、やらせることができてしまう。

そのやり方で付けたものは、必ず剥落する。

従順な子どもは、見た目は意欲があるように見せるので、余計に誤解しやすい。


強制しないということは、何もしないということではない。

提案してみる、試してみるよう促す。

何のためにできたものなのか、どんな役に立つことなのかを示してみることはする。


それでもやらないものは、しょうがない。

それは、残念ながら本人の心の琴線に触れないのである。

そもそも全員が同じものに関心を示しているようでは、世界は成り立たない。

諦めも肝心である。


全員万能論が前提にあると、諦めることができない。

何度も書いている「やればできる」の誤解である。


それ以上に、本人がそれをできるようになりたいと思えるかどうかである。

この気持ちが全てで、魂が、腹の底が、本能が求めるものである。

だから、幼児期に熱中したものを大人になって思い返すのが大切という話は、理にかなっている。

これは他人がどうこうできるものではない。


学校教育ができることは何か。

それは、本来、その子どもが意欲をもてるはずのものを、落とさないことである。

あくまで、それを提示できるかどうかまでである。


点数や成績表に記載されるものは、その子どものもつごくごく一部のものでしかない。

見えやすい面に執着しすぎて、大切なものを落とさないようにしたい。

2021年7月25日日曜日

ルールと思考停止

ルールの有用性と危険性について。


学校ほど細かなルールがある場所も珍しい。

特に時間ルールは細かい。

5分単位で全てのスケジュールが決まっており、目まぐるしい限りである。


ただ、このルールには大きな有用性がある。

ルールがあると、思考停止状態でも行動できるという大きなメリットがある。

全ての行動についていちいち「なぜ」とか「どうする」とか考えて行動計画を立てるのは負担が大きい。


習慣化すればそれを繰り返すだけでいい。

生活に良いルーティンを作れれば、それだけで人生が向上するというメリットもある。


大きな集団を管理するのにも大変有用である。

それに従わせられれば、考えさせないで集団にとって望ましくない行動を制限することができる。

集団を管理する者にとっては大変都合がいい。


ただ、物事は全て両面セットである。

メリットが大きいということは、デメリットも大きいということである。


ルール化とは例えるなら、公式化のことである。

勉強での公式丸暗記などと同じである。

無思考で公式的に当てはめていけば、一応の正解にたどり着く。

さっぱり理解していなくても、丸暗記さえすれば小学生で高校生の問題だって解ける。


ただこれは言うまでもなく、点数という大きなメリットを手に入れる一方、失うものも大きい。

公式化による高得点の弱点は、本当に理解しているかどうかは全く判別できないところである。


同じように、ルール化されたものを守っているからといって、その意味や意義を理解しているとは限らないということである。

ルールに無思考に従うというのは、人間のロボット化である。


ルールの設定には大前提があり、状況に応じて変えられるという点である。

状況に応じてより厳しくすることもできるし、無くすこともできる。


このルール改変の仕組みがないと、集団の成員にとって不都合が起きる。

理不尽なルールと気付いても、変える術が自分にないとなれば、それは絶望や諦めにつながる。


逆に言えば、集団の成員がルール改善を提案できることが、ルール設定の大前提である。

更に言えば、そのルールを成員が変えたいという場合、集団がそれに相応しい状態になっていることが条件になる。

例えるなら、自分勝手な運転が横行している以上、交通ルールの厳罰化は必然になっていくのと同じである。

ルール撤廃が妥当という集団の状態でなければ、撤廃要求が受け入れられることはない。


ルールというものの力は大きい。

だからこそ、無思考に従っているものに対しては、定期的に見直す必要がある。

学校にある無数のルールは、普遍の真理と呼べるものか、単なる慣習なのかは考え直す必要がかなりある。


今まであったルールを減らすことで、不都合が起きるかもしれない。

しかしその不都合を体験することも、思考力や判断力を伸ばす重要な学習機会になり得る。


ルールは無思考を促すツールにもなり得る。

カーナビ同様、考えずに従うことで便利な道案内にもなるが、行くべき道を考えられなくもなる。

親や先生の言ったしつけやルールに素直に従うというのは、成長におけるメリットも大きい。

しかしそれが従うに値すべきものであるかどうかというのは、一つ考えものである。


本当にそのルールは妥当か。

それで苦しんでいる人はいないのか。

むやみやたらに反対するでも従うでもなく、冷静な視点で客観的に見つめ直したい。

2021年7月23日金曜日

悩みをメタ認知するには

 主宰している学級づくり研究会「HOPE」での学びのシェア。


参加者にその場で悩みを出してもらい、答えるという形をとっている。

悩みの具体はシェアできないが、すべてに共通点がある。


それは

「相手が何を望んでいるのかを理解することで解決することが多い」

という点である。


あらゆる悩みに、大概は他人が関わってくる。

本当に自分だけの悩みというのは少ない。

(病気などはここに当てはまるかもしれない。)


学級担任の悩みは当然、子どもや保護者に関することが多い。

しかし、悩んでいるこちらの意図とは別に、子ども自身は全く違うことを考えているかもしれない。


一番不幸なのは、こちらがよかれと思ってしていることが、子どもにとってありがたくない場合である。

逆に、こっちが悩んでいるだけで、相手は平然としているという場合、あるいは楽しんでいるという場合さえある。

これは自分で不幸を想像して、現実世界に作り出しているともいえる。


どうやったらそれに気付けるか。

他人に聞いてもらうのが一番てっとり早い。


本人にとっては世界が破滅するほどの悩みでも、外から見たら「え?」ということもかなりある。

私はよく「髪型が決まらないから学校に行きたくない」と真剣に悩む思春期に例えて言う。

「みんなが私を見て笑うんだ」と思っているのである。

残念ながら、実際はみんな自分のことに精一杯で、笑うどころか誰も見てくれてすらいない。


客観的視点をもつことである。

メタ認知である。

それには、練習が必要で、最初は他人に聞いてもらうのがいい。


実際、それを体験した、乗り越えた経験のある人からすれば、その悩みの大体の解決方法がわかっている。

聞いてみてやってみればいい話である。


個人の悩みの共有の場。

これこそが、今の現職の先生たちに一番必要な場なのではないかと思っている次第である。

  • SEOブログパーツ
人気ブログランキングへ
ブログランキング

にほんブログ村ランキング