2010年12月18日土曜日

仕事術「宿題の扱い」その2

宿題の出し方は色々ある。
私は「自学」という名称で毎日出している。
「自学」では子どもの興味・関心ごとに様々な内容の学習が書かれている。
日記・計算・漢字のような基本的なものはじめ、好きなことわざ・生き物観察・料理レポートに政治問題まで。
とにかく、興味・関心のあることならよい。
楽しいことから始めて、まずは習慣づけすることである。

さて、内容が多岐にわたると、見る方が大変になる。
コメントだけで休憩時間を全て使ってしまう。
どうするか。
自分なりの解を持って、次の記事を待っていただきたい。

働き方改革と個人の価値観

前号に引き続き、学校での働き方改革を考える。 職場を思い浮かべれば、ばりばりやる人、ほちぼちの人、あるいはそうでもない人もいるかもしれない。 毎日夜遅くまで残業している人、定時で帰る人、短時間勤務の人、色々いる。 いつでも精力的でばりばりやる人、決められたことを自分のペー...

ブログ アーカイブ