2010年12月18日土曜日

仕事術「宿題の扱い」その2

宿題の出し方は色々ある。
私は「自学」という名称で毎日出している。
「自学」では子どもの興味・関心ごとに様々な内容の学習が書かれている。
日記・計算・漢字のような基本的なものはじめ、好きなことわざ・生き物観察・料理レポートに政治問題まで。
とにかく、興味・関心のあることならよい。
楽しいことから始めて、まずは習慣づけすることである。

さて、内容が多岐にわたると、見る方が大変になる。
コメントだけで休憩時間を全て使ってしまう。
どうするか。
自分なりの解を持って、次の記事を待っていただきたい。

どうせなら残業しない工夫を頑張る

拙著『「捨てる」仕事術』の本文からの引用記事。 https://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-171335-5 ================ 「頑張る」というのは教員に限らず職業人にとっては当たり前のことであり、何ら褒められることでは...

ブログ アーカイブ