2010年12月16日木曜日

宿題の扱い

宿題を出すか出さないか。
ここから教育観の違いが出る。
どちらも良さがあるのを認めた上で、出す場合の話をする。

宿題の目的は何か。
私の場合は次のように答える。
1家庭学習の習慣づけ
2授業内容をより深く理解するため(予習・復習)
3自分の本当に好きなことを学ぶため

みなさんは、いかがだろうか。
この答えによって、次どうするかも全て変わってくる。

どうせなら残業しない工夫を頑張る

拙著『「捨てる」仕事術』の本文からの引用記事。 https://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-171335-5 ================ 「頑張る」というのは教員に限らず職業人にとっては当たり前のことであり、何ら褒められることでは...

ブログ アーカイブ